• 散骨の増加と日本の葬送方法の変遷

    日本の葬儀は、地域の寺社の維持を目的とする徳川家の檀家制の強制により土葬が一般庶民に普及し、神道の圧力による明治6年の太政官布告令により一時的に火葬が禁止され、昭和23年の墓地、埋葬等に関する法律や感染症法第30条などにより火葬が義務づけられ、現在では日本国内で亡くなった人の99%が火葬による葬送方法で弔われています。

    しかし、昭和29年の日本民主党の第1次鳩山一郎内閣に始まる高度経済成長期の地方の新規中等教育機関卒者の集団就職に起因する人口集中や少子高齢化による墓継承者問題、人口集中に起因する墓地不足及び墓地の高騰、拝金主義的な葬式仏教への不信などにより宗教観や死生観、従来の墓制が大きく変化し、高額なお布施を必要とする戒名や高額な墓石を必要とする従来の埋葬方法以外の散骨や植樹葬などの自然葬を希望する人々が増えています。



    散骨は、昭和23年の墓地、埋葬等に関する法律の第4条や刑法第190条死体遺棄罪、第191条墳墓発掘遺体遺棄罪の解釈により1991年の葬送の自由を進める会が海洋葬を強行するまで行われていなかった経緯がありますが、法務省が葬送を目的に節度を持って行う限り違法では無いと言う見解を示した事により、数多くの業者がサポートしています。

    YOMIURI ONLINEについての情報を提供しています。

    しかし、政府による法整備が進んでいない為、散骨自体を一切禁止している地方自治体もあり、地方自治体の条例の規制の及ばない海洋葬が数多く行われています。



  • 大人の常識

    • 散骨とは、樹木葬や宇宙葬に並ぶ自然葬の一つです。樹木葬は樹木や草花の下にご遺骨、焼骨を埋葬する方法で、宇宙葬はご遺骨をカプセルに詰め、NASAのロケットで宇宙へ送り出す葬送です。...

  • 知っておきたい情報

    • 散骨とは樹木葬や宇宙葬と並ぶ自然葬の一つで、ご遺骨を墓地墓石の下に埋葬せず、それとはわからないほどに細かく粉砕したのちに、陸や川、海などに撒く葬送です。この葬儀方法をする際に気になるのは法律的にかかっていないかという事です。...

  • 耳より情報

    • 人が亡くなるとその方の魂を弔うべく、本人やご遺族の意向に合わせて葬儀を行わねばなりません。そこで最近よく選ばれるのが散骨というあり方です。...

  • 知っておきたい常識

    • 一昔前までは、人が亡くなったら火葬をしてからお墓に納めるのが一般的でしたが、お墓を購入する費用がなかったりお墓を継承していく人がいない等の理由から「散骨」というスタイルで供養をする人々が増えてきています。遺骨をお墓に納めて管理をしていくのと比較して費用をおさえる事が出来るのが魅力ですが、具体的にはどのような方法なのでしょうか。...